久しぶりの大散財

2017年10月30日

というわけで,今月は大分お金を使いましたよっと.
まぁそもそもその前に「がっこうぐらし!」にはまって,Blu-rayを全巻(単巻で)揃えたりしてましたけどね(笑)
今回の散財は,みなさんご存じのiPhoneX以外に,ThinkPad 25,PSVRです.

iPhoneXは,無事予約できて,11/3には入手できる見込みです.
256GBのシルバー,SIMフリーモデルですね.
特段触れることもないんだけど,予約自体は大変なこともなく,時間通りにやっていれば問題なくいける感じでした.
ミニスーパーファミコンとかの方がよっぽど大変(汗)
iPhone7は知人に買い取られていくことになってます(笑)

ThinkPad 25は,ThinkPadの25周年記念モデルで,T470ベースのものらしいですね.
こちらも発売日(10/20)に配送されましたが,この週末にようやくセットアップ&移行した感じです.
ただ,外部接続ディスプレイとして使っていたTVが古いからか(2010年モデル),ちゃんと同期しなくて,画面が出ないということが起きました(汗)
PC用ディスプレイにはちゃんと表示できるのになぁ・・・.
とりあえずUSB-C側からAppleのUSB-C Altモード対応アダプタを使ってHDMI接続したら普通に映像,音声共に出力できたので,しばらくはこれで様子見します.
TV買い替えは面倒すぎて・・・
あと,nasne接続に使っていたPC TV PlusにはHDCP非対応判定されてしまい,映像見れず,という感じです.
PC用ディスプレイでも表示ができないっぽいので,こちらもなんだかおかしな感じです.
まぁ,他のPCでは見れるので,こちらもしばらくは様子見ですかね・・・.
MacBookProでは大丈夫だったんだけどなー・・・.

そしてPSVR.
ふと川崎に映画を観に行ったついでに電気店を覗いたら,普通に売ってました.
なのでとりあえず買ってみたって感じです.
むしろ重い荷物を持って帰宅してから,銃型のコントローラーやゲームを買ってきて早速プレイしましたが,すごく酔う(笑)
クロスモーダル現象というらしいですが,視覚から得る情報と,体が感じる慣性などがマッチしていない状態がダメなようで,すごく酔いました(笑)
普通の3Dゲームだと全く酔わないのに,VRはダメでしたねぇ.
体験型のアトラクションは,視覚情報と慣性などが連動しているから酔わないってことなんでしょうね.
とりあえず1時間くらいプレイした後は電源すら入れてないけど(笑)

てことで,一気に40万くらい使っちゃいました(汗)
まぁ冬のボーナスで買うモノを先に買っちゃった感じですかね・・・(汗)
しばらく大人しくしなくては・・・(汗)

chimaki : 23:35 | Comments(0) | Trackbacks(0)

3.0LTS

2017年09月30日

夏が終わってしまう前に,夏にやり残したことを.
というわけで,ラボのZabbix環境を2.2LTSから3.0LTSへ移行することにしました.
元々は,フルサポートが終わる先月までに構築する予定だったんですが,結局シルバーウィークの連休中に作業することになりました.

どうしてこんなに置いていたのかというと,もともと2.2LTSの環境自体がちゃんと構築してなかったから,という話.
どういう意味かというと,実は2.2の環境はちゃんと構築したモノではなくて,評価用のVMイメージ(Zabbixアプライアンス)だったから,というわけです.
アプライアンス自体は簡単に導入できるので,それはそれでいいんですが,本番環境としてはサポートしないものらしい(評価用)ので,CentOSで構築しようと思ってたんですよね.
じゃぁさっさと構築すればよかったんですが,CentOS6系でやるか7系でやるかを決めきれずに放置していた,と(笑)
それが先月,親用のDLNAサーバをCentOS7で構築したのをきっかけに,ZabbixサーバもCentOS7で構築することにした,という話ですね(笑)

ちなみに,うちで監視対象にしているのは,ESXiホストが2台,FreeNASが2台,Linux(物理)が2台,スイッチが3台(1スタック+1台),UPSが2台,ルータが2台といったところ.
このうち,Agentを使って監視しているのはFreeNASとLinuxで,ESXiはvSphereAPI経由,それ以外はSNMPでの監視にしています.
サービス監視までは頑張ってなくて,テンプレートで取得できる程度のところで満足しています(笑)
まぁ,物理障害が通知できればいいかな,という程度なのでがんばってないのです(笑)

構築自体は先人達の記録をいくつか参照しながらやって,おおむねトラブル無く終わりました.
うっかりミスとしては,vSphereAPI用のポート(http経由なので80番),SNMPのポートを開け忘れたくらいですかね(笑)

それにしてもCentOS7って,6系からずいぶん変わりましたよね.
Firewall設定とかが有名な気もするけど,まさかNTPがリプレースされてた(Chronyd)とか,びっくりしたよ(笑)
次はDNSをCentOS7に移行しようかなぁ.

chimaki : 23:44 | Comments(0) | Trackbacks(0)

スタッカブル

2017年08月30日

もうすぐ8月も終わりって事で,あっさりとお盆休みは終わり,暑い日々を過ごしています.
前回発注したと書いていたスタッカブルスイッチ(S3300-28X)も,無事ラボに導入完了しました.
職場でも同機種(S3300-52X)を使っていたこともあり,初期設定や導入手順含め,特に何も調べることなくさくさくできました(笑)

一番大変なのはケーブリングだしね・・・(汗)

ケーブルはCat.6が約30本,Cat.6Aが8本,スタック用のSFP+(DAC)が2本,KVMスイッチ用のCat.6が6本ということで,40本強ってところですかね.
ケーブルは流用してもよかったんですが,いいタイミングだったのでこちらも全部新しくしています.
ケーブルのラベリングとかポート設計なんかは事前に行っていたので,停止時間はだいたい5時間くらいですみました.
UPSも動かしたり,電源系も変更したりしたので,汗だくな上に筋肉痛にもなりましたけどね(笑)
ただ,事前の準備をしっかりしていたおかげで,誤接続などもなく,1発動作できました(笑)
やったね!(笑)

これ以外の作業としては,vSphere6.0u2を6.0u3にアップデートしたり,親にiPad Airを譲渡して宅内動画配信を利用できるようにしたりってのがありました(笑)
iPad Airの使い方を仕込むのが一番大変だった夏休みでしたね(笑)

ちなみにvSphere6.5へのアップグレードと,Zabbixサーバの3.0LTSへの移行は時間というか,やる気が無くて出来ませんでした(笑)
これらは年末年始にやるのかなー?
特にvSphere6.5はvSphere Clientが使えなくなるみたいだし,まだまだ様子見な感じです.

chimaki : 22:03 | Comments(2) | Trackbacks(0)

夏休みの宿題は?

2017年07月31日

夏休みに限らず,長期休暇の際はラボのメンテを行うチャンスな訳ですが,今回もお盆休みの計画を立てたりしました.

今回は,スイッチ周りをいじります.

みなさんの家ラボは,どれくらいのポート数を使ってます?
ちまきのラボは意外にポート数が少なく,24ポートスイッチと8ポートスイッチをカスケードして使ってます.
あ,これと10Gbpsの8ポートスイッチもあるかな.
で,この24ポートスイッチがいい加減ポート不足になっていて(なので8ポートスイッチを臨時でカスケードしている),今回はこのスイッチのリプレースをしようと思っています.
単純には48ポートスイッチに入れ替えるのがいいんですが,今回は24ポートスイッチを2台入れる作戦です.
モノはNETGEARのS3300-28X(GS728TX-100AJS)です.
ポイントは,10Gアップリンクが4つもついているのと,スタッカブルスイッチ(複数台をまとめて管理できる)である,という点ですかね.
値段的には52ポート品(S3300-52X(GS752TX-100AJS))を1台買う方が安いんですが,28ポート品をスタッキングすると冗長構成に出来たり,スイッチまたぎのLAGを構成できたりするので,今回はこの構成にしました.

といってもまぁ,まだ発注したばかりで納品されてないんですけどね(笑)
あとこれにあわせて装置の場所入れ替えとケーブリングのやり直しを考えているので,結構大規模な作業になる見込みです.
2~3日はかかるのかな・・・?
ポート配置も検討しなきゃだし,事前作業もぼちぼち進めなきゃいけないですね.
暑いのに大変(笑)

chimaki : 23:28 | Comments(0) | Trackbacks(0)

再起動をすると

2017年06月30日

ちまきのラボは,だいたい1~2週間に1回全体を再起動させます.
まぁ定期的な再起動をすることでおかしな挙動を見つけたり,長時間連続運転をさせずにトラブルを防いだりって目的ですね.
再起動する範囲は,VM,ESXiホスト,ストレージに限らず,L2スイッチまで再起動しています.
L2スイッチまで再起動しているのは,過去LAGを組んでいたポートがおかしくなった経験があるから,ですね.
その時はスイッチの電源を入れ直して再起動したところ,無事復旧したんですけどね.

まぁそんなわけで今週も再起動をしたんですが,今回はVCSA(vCenter Server Appliance 6.0.0.20000)が起動に失敗するって状態になってしまったのでした.
症状としては,起動時にコンソールに表示されるプログレスバーが8割くらいのところで止まる感じ.
それでも30分くらいすると起動してVCSAの起動画面が出るんだけど,vSphere Clientなどから接続してもサービスがあがってないみたいで,接続できない,と.
どうもvPostgresの起動とかに失敗してタイムアウトするって感じっぽかったのです.

ログなどを検索してみると,KB2149278にある症状みたいですね.
SSHでVCSAに接続して確認してみると,確かに4GB越えのログファイルが転がっていました(汗)
とりあえずこのでかいログを削除して再起動したら,無事vCenterが回復しました.
ま,とりあえず夏休みにはvSphere6.5にあげようかなぁなんて思っているので,とりあえずこの応急手当でよしとしておきました(笑)

それにしても,やっぱり再起動っていろいろ起きますね・・・

chimaki : 22:27 | Comments(2) | Trackbacks(0)