2枚目

2018年05月31日

なにが2枚目なのか.
久しぶりにクレジットカードを申し込んで,2枚目が来る,という話です.
もちろん普通のカードを1枚しか持っていなかった,というわけではなくて,いわゆる上級グレードのカードが2枚目,という意味なのでした.
1枚目は三井住友のプラチナなんですが,今回はJCBのプラチナを追加しました.
まぁ,どっちも申し込みをすれば持てるカードなんですけどね(笑)
#三井住友の方はまだインビテーションのみの頃に作りましたが.

元々は三井住友のプラチナを持ってからの話なんですが,JCBのゴールドもその頃に持ったんですよね.
せっかくだから上位カードを持てるまではJCBを使おうなんて思っていたんですが,THE PREMIER(ゴールドよりサービスのいいゴールド)を持ちつつも,結局アップグレードはされないままでした.
そんな折,2017年11月頃にJCBからプラチナカードが出るということで,早速申し込もうとしたんですが,これがうまくいかなかった.

具体的には,QUICPayをカード本体に搭載したカードから,JCBプラチナへはアップグレード出来ない,という話でした.
どうやらJCBプラチナにはQUICPay搭載型のカードがなく,またQUICPay非搭載カードから搭載カードへの切替は出来ても,逆は出来ない,という(システム起因と思われる)制約があるためということみたいです.
要はQUICPay搭載カードの顧客(ちまきもこれ)は,新規契約し直すことでしかプラチナカードが発行されない(優待ステータスやポイントなどは引き継げない).
デスクによると,クレームが入っているものの,今後対応可能になるかも決まっていない,という状況(※問い合わせは2017/12にしました)とのこと.
さすがにこの制約は既存顧客の扱いとして余りに酷いと感じ,デスクにも厳しめに抗議したのでした.

それから約半年,ふとJCBのサイトを見ていたら,QUICPay搭載カードからJCBプラチナ(QUICPay非搭載)の切り替えが可能になっていたんですよね.
というわけで,衝動的に土曜深夜にオンライン申込をし,日曜日の午前中には審査完了,発行が決定したのでした.
さすがにJCBの利用実績がしっかりある(5年以上利用,300万/年以上決済)ので,あっさりした審査ですね.

一応まだ手元には届いていないんですが,デスクによると週末には届く見込みのようです.
さて,これからカード番号の変更手続きの嵐ですね・・・.
面倒くさい(汗)

chimaki : 23:23 | Comments(0) | Trackbacks(0)

ThinkPad E580

2018年04月30日

前回書いていたノートPC,実家に帰って実機をさわったのでそのことについてでも.

もの自体はThinkPad E580なんですが,Core i5-8250,8GB RAM,500GB HDD,フルHD液晶って感じの構成です.
色は実験的にシルバーにしてみましたが,個人的には結構好きかもしれない.
さらっとした手触りでいい感じです.
ブラックのピーチスキンっぽいのと悩むところです.
ThinkPad X1をそのうち買いたいなぁって思ってるけど,悩みそうだ・・・.

さて,このE580なんですが,CTOモデルだけどコスト低減のためにHDD構成なので,手でSSDに載せ替えることにしました.
届いたE580に電源を入れ,まずはTrueImage 2018でHDDをまるごとバックアップしました.
保存先はNAS(CIFS)なわけだけど,容量的には11GBくらいしかなかった(笑)
バックアップが終わったら,再起動してBIOSからバッテリーを無効化し,HDDを交換します.
もともとは,余っていたCrucial MX100(MLC 512GB)を使おうと思ったいたんだけど,思いのほかMX500(TLC 500GB)が安かったので,新品を購入して使うことに.

E580の分解自体は,ネジを外して裏蓋を開けるだけなんですが,底面全体を外すことになるのが結構大変で,ツメを外したりするのに手間取った感じです.
パーツ交換自体はサクッと出来るので楽なんだけども・・・.
交換した後,もう一度TrueImageの起動メディアで起動して,SSDにバックアップを書き戻すことでサクッと復旧です.
BitLockerも最初から有効だったし,SecureBootの設定とかも全然いじらずに済んだので,簡単でした.
蓋の開け閉めが一番大変って感じね・・・.

次開けるとしたら,メモリ増設くらいですかね?

chimaki : 22:27 | Comments(0) | Trackbacks(0)

ノートPC

2018年03月31日

実家というか父親用にノートPCを買うことにしました.
なんというか,ITリテラシも何もない人間で店員の言うことをそのまま聞いて買っちゃうような状態だったんだけど,面倒くさいのでこちらからは特段何もしないようにしてきました.
ただ,そろそろ70になろうかという年齢.
年明けに(重篤な疾患ではないものの)入院&手術した,というのがあって,ちょっと考えたんですよね.
要するに,終活をさせるためのきっかけと,実際の道具をあてがおう,という話です.

父は本当に古くさい考え方なので,家族(すなわち同じ家に住む人間)が察して何かをする,というのを暗黙に持っているようなんですが,残念ながらちまきは遠方.
おまけに両親は次男次女の夫婦なので,基本的には楽観的で,決定的なところが抜けている感じ.
しかも父は物の整理ができず,何がどこにあるか分からない系の人なので,残される側は大変なわけです.
というわけで,ぼけ防止もかねて,とにかく電子データとして記録を残させようと思い至った訳です.

ちなみに,母親用のPCはちまきのお古を割り当てて,管理も含めやっていたんですが,父用のは新品です.
もちろんいろいろ構築とかはするんですが.
というか,余ってるノートPCって基本的にはないので,仕方ないなぁって感じ.

とりあえず今は発注だけして,納品待ちって感じです.
GW中に構築(バックアップ系リソースをラボから切り出す予定)などをやって,引き渡しを出来るといいな,という感じ.
遠隔管理&ローカルアカウント運用を前提とするので,プリインストールOSはWindows10Pro.
この条件に,ディスプレイサイズ14~15インチのノートPCってのを付けると,実はほとんど選択肢がないんですよね・・・.
特にOSのところで(汗)
でもまぁ,LenovoのThinkPad系エントリーモデル,ThinkPad E580を第8世代CPU,メモリ8GB,フルHD LCDって程度に強化してWin10Proを載せる,というカスタマイズをして発注することにしました.
当初予算は10万円以内だったんですが,保証など追加した関係で少しオーバーしたってくらい.
あと,500GB HDDモデルなので,遊休部品の512GB MLC SSDに換装する予定で,それであれば5年くらいはなんとかなるかな,という感じ.
むしろThinkPad 25よりも世代が新しい分,良さそうだよね・・・.

むしろX1を買いたい気分.

chimaki : 23:09 | Comments(0) | Trackbacks(0)

39.2度

2018年02月25日

久しぶりにインフルエンザにかかりました.
今回はA型だったんですが,39.2度まで熱が出て,大分大変でした.
予防接種は受けていたんだけど,やっぱり保菌者(発症前)と対面で3時間もいたのがまずかったんでしょうね・・・.

今回の経緯は,木曜日(2/15)夜に保菌者と濃厚接触.
金曜日あたりは,多少寒い,鼻腔が痛い,という程度.
土曜日の夜に首筋の熱さを感じて検温すると,37.2度.
日曜日の朝も37.2度だったんだけど,念のために急患診療所へ,という感じ.

11時過ぎに急患診療所についたんだけど,30人待ちで2時間以上待ちでした・・・(汗)
待っている間にどんどん体調が悪化.
迅速検査の結果,インフルエンザA型陽性ということで,リレンザを処方されたのでした.
帰宅後熱を測ると39.2度で,今回の最高記録でした(汗)

結局火曜日くらいまで高熱に苦しみ,水曜日あたりにようやく治まった感じですね.
そのまま金曜日まで休み,今に至る,と.
ちなみに,前回のインフルエンザは2004年1月くらいっぽい.
14年も前なんですね.
当時はまだ今ほど厳しく出勤規制とかなかったんで,解熱後すぐに出社してた気もしますが(汗)

それにしても久々の高熱で堪えました・・・.

chimaki : 23:48 | Comments(0) | Trackbacks(0)

FreeNAS 11系へ移行

2018年01月31日

明けましておめでとうございました(汗)
ということで,もうすぐ1月も終わってしまいますが,なんとかギリギリに更新します(笑)

年末年始の帰省の際に,ラボのストレージをバージョンアップしたんですが,その時のトラブルを解決した方法のメモを.
具体的には,FreeNAS 9.10.2-U6を,11.1にアップグレードしました.
ベースのFreeBSDが11系にあがるのが一番大きいですが,その関係でトラブルがあったのでした.
といっても,オリジナルのFreeNASに問題があったわけではなくて,個別で導入していたZabbix Agentが動かなくなったので,対処した,という話です.

原因としては,Zabbix AgentのバイナリがリンクしているライブラリがFreeBSD 11系では使用できずにエラーを吐いて起動しない,というもの(たぶん).
なのでバイナリを入れ替えれば済みそうってレベルなので,大したことは無いですが・・・.

というわけで,まずはZabbix Agentのバイナリを探します.
自分でコンパイルとかしてもいいんだろうけど,いちいちFreeBSD用コンパイル環境を準備するのも面倒ってことで,オリジナルのリポジトリを探しました.
このへんを探すと,Zabbix Agentのパッケージがいろいろ転がっていました.
ウチのZabbix ServerはCentOS7上の3.0LTSなので,バージョンをあわせて3.0系のものを落としてきました.
というわけで,Linuxかなんかで

$ xz -dc zabbix3-agent-3.0.14.txz | tar xfv -

として解凍し,zabbix_agentdを探します.
多分「解凍Dir/usr/local/sbin/zabbix_agentd」あたりにあると思います.
後は,このあたりを参考に準備します.
ただし,この参考記事自体はFreeNAS 9.10系までですので,FreeNAS 11系向けにアレンジしています.

大半は一緒ですが簡単になぞっておくと,
・Zabbix用のデータセットを適当なPOOLに作成する
・「zabbix」なるユーザを作成する.
 (HOMEは/nonexistant,Shellはnologin,パスワードログインは無効化する)
・SSHでFreeNASに接続し,下記を実施

・/を書き込み可能でマウント
# mount -uw /

・バイナリと設定ファイルをコピー
# cp 解凍Dir/zabbix_agentd /usr/local/sbin/
# chmod 755 /usr/local/sbin/zabbix_agentd
# cp 解凍Dir/zabbix_agentd.conf /mnt/ZFSPOOL/Zabbix
# chmod 644 /mnt/ZFSPOOL/Zabbix/zabbix_agentd.conf

・設定ファイルを適切に書き換え
# vi /mnt/ZFSPOOL/Zabbix/zabbix_agentd.conf

・今すぐ動かして試してみる
# mkdir /var/run/zabbix
# chown zabbix /var/run/zabbix
# chmod 755 /var/run/zabbix
# cp /mnt/ZFSPOOL/Zabbix/zabbix_agentd.conf /usr/local/etc/
# /usr/local/sbin/zabbix_agentd -c /usr/local/etc/zabbix_agentd.conf

これで問題なくZabbix Serverから監視できそうなら成功.
ダメそうなら,ログ(/tmp/zabbix_agentd.logあたり)を見ながら対処する,と.
動くようになったら再起動しても動作するように下記をしておきます.

・不揮発領域の準備を行う&マウント状態を元に戻す
# mkdir /conf/base/var/run/zabbix
# chown zabbix /conf/base/var/run/zabbix
# chmod 755 /conf/base/var/run/zabbix
# mount -uw /

あとは,WebUIの「Tasks>Init/Shutdown Scripts」に下記2つの処理を追加.
・タイプ:コマンド,When:Post Init
cp /mnt/ZFSPOOL/Zabbix/zabbix_agentd.conf /usr/local/etc/
・タイプ:コマンド,When:Post Init
/usr/local/sbin/zabbix_agentd -c /usr/local/etc/zabbix_agentd.conf

設定ファイルを「-c」で直接指定すれば,いちいちコピーしなくてもいい気がしますが,参考資料の通りに作ってあります.
そんなこんなで,あっさりとFreeNAS 11.1もZabbix監視対象に再度加えることが出来ました.

そうそう.
6151:20180128:191706.374 no active checks on server [IPアドレス:10051]: host [登録名] not found
みたいなのが監視対象ホスト側のログに出ていたんですが,これはZabbix ServerのWebUIで登録した監視対象ホスト名(登録名)と,監視対象ホストのzabbix_agentd.confに書いてあるHostnameが不一致だと出るみたいです.
ご注意を.

てなところで,相変わらずな新年のスタート,です(笑)

chimaki : 23:19 | Comments(0) | Trackbacks(0)